こんにちは、ぼやきです。

 

ANA37便 羽田18時発に搭乗したところ、1824頃の離陸の際(地上滑走開始直後)にバンと大きな音がし、その後の上昇中もガーという音が続き、振動がシートに伝わる状況でした。

 

上昇を続けるうちに大きな音と振動は収まりましたが、鼓膜がカチカチ音がして痛みを感じました。

 

暖房のような生暖かい風を感じ、降下している感じになったところで、「緊急降下中、マスクをつけてください」とのレコードアナウンスとともに、急に酸素マスクが下りてきました(汗)。

f:id:okamilernoboyaki:20170812185606j:image

 

個別のアナウンスは一切ありませんでした。

数分経過し、1836頃に客室からの機内アナウンスが入り、その後機長からのアナウンスで、

・与圧系の異常

・安全高度になったのでマスクを外して可

・羽田に引き返す

との説明があり、その後客室乗務員から乗客に右手をあげるように指示があり、意識確認をしてまわっていました。

 

プラスチックが焦げるような匂いもしてきました。

高度が下がってもかなり耳が痛いです。。。

1850羽田に無事に着陸。

 

まだ機内で待機です。

 

取り急ぎのレポートでした。

 

(8/13追記)

酸素マスク落下時の機内の様子の動画をこちらにアップしました。

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村